FC2ブログ

独立系FPが食えないわけは...

 先日、不動産屋に行ってきた話を職場で話しました。

 別に今回の不動産の話に限ったことだけではありませんが、職場の同僚が時たま、何かいい稼ぎになる副業、節約がないか聞いてきます。そして一応、教えますが、途中からはトーンを落とします。だいたいわかります…。
 
 何が❓

 そう、自分から聞いてきたはいいけど、途中から難しかったり、面倒くさそうだと興味を失い、どうせ行動しないだろうなということが伝わってきます。また、そういう人たちの期待してる答えは一つです。ちまちました、副収入や節税の話ではなく、一気に、リスクなく稼げる方法を聞きたいだけなんです。はっきり言ってありませんけどね。まったく、金のない人に限って、1万円は1円が1万枚集まってできているとは考えれないんですよね…。

 経済誌では、年収400万円でも、貯蓄は出来る人と、年収1000万円でも貯蓄はなく、老後貧乏になる人の特集をたまに見ます。

 年収が低くても貯蓄が出来る人は、結局自分で制御できる人なので、FPに相談する必要はないわけです。かたや年収が高い人は、年収の高さに胡坐をかき安心して、FPに相談なんてしないでしょう。

 社会はいまだに学歴、学歴はIQ、EQの高さに比例し、ひいては年収はそれらに比例してます。振り返って我が職場は……
なので、聞いてきても行動には至りません。

 FPは業務独占資格ではありませんし、正直、金のことはちょっと調べればすぐわかることなので、ちょっと知能指数が普通から普通より高い人で、お金のことについてめんどくさがりでなければ、よほどのことがない限り、他人に搾取はされないだろうから、大半の人はFPに相談なんて縁のない話でしょう。
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿