FC2ブログ

安定と停滞は似て非なるものながら紙一重である

昨日のブログで、今年は安定と書きましたが、安定ではありましたが、停滞気味でもあったとおもいます。

安定してると思い、他のことにかまけて、少し攻めの姿勢が足りませんでした。株式投資では昨年よりも配当収入は増えましたが、譲渡損益は格段に減りました。

家計のほうも、新車の購入で貯蓄をはたいたせいで、無意識に貯蓄を増やさないとと思い、あまり社会に還元しませんでした。

するとみるみる、我が家の家計の金回りはマイナスにはなりませんが、なんとなく悪かったです。


それに気付き、株式や外貨預金、FXは10月後半からポートフォリオテコ入れの為に、差益が出てる分をある程度売り、割安で配当のいい違う株式を買いました。

家計のほうも、11月頃からちょっとした家電、雑貨、服飾を買い社会に還元。ボーナスでは全く生活には必要ない、スワロフスキーの部屋用の飾りを買いました。スワロフスキーはまぁ、水晶パワーを期待して、来年の運気が上がるよう期待して買ったんですけどね(苦笑)。


そうして金を使って回してみると、なんだかちょっと上向きましたね。根拠はないですがね。でも上向き加減がわかります。


『水は低きに、金は高きに流れる』『金は天下の回りもの』『cash flow』(flowの意味は滞りなく流れる)そういわれるなかで、自分の所で流れを滞らせれば、自分の所は塞き止められ、新しい流れ(金)は流れて来ませんよね🎵て話でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿