FC2ブログ

ポイント還元による商品券をGET

先月に時計を買った時のポイント還元で商品券を申し込み、先日届きました。


さて、このポイントシステム、共通ポイントにしろ、自社ポイントにしろ、ポイントは誰が負担しているのでしょう…?


答えは消費者(物を買った自分)です。


ポイントシステムは企業の会計処理に踏み込む問題なので難しいですが、簡単にいうと、品物の値段の中にポイント還元分の価格があらかじめ入っていて、それを企業側が将来消費者に使われるであろう『未払金』としていった預かる形をとるようです。

共通ポイントシステムは異業種各企業間のポイント取引となるためもうちょい複雑ですが、基本は同じ、負担者は消費者になります。


ということを考えるとポイントは損か得かは分かれるところかもしれません。ポイントが発生するとなれば金を払わされているということ。ポイント要らないからその分安くしろ!なんてことも出来ないわけで…


ならば、答えは自分で払った金(ポイント)なら使わにゃ損、そん❗❗


なぜなら、その引当金、使わなければそのまま企業の売り上げにまるまる返っていくからです。


しかし、期限限定ポイント、利用下限設定などもありますし全部綺麗に使うのは難しいかもしれません。 ただ、期限限定ポイントなどは企業側負担もあるので期限限定ポイントはオマケとして、期限なし(永久不滅ポイント)は資産として計算していくといいかもしれませんね🎵

スポンサーサイト



テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿