FC2ブログ

早期リタイア後や定年後を考える~『やりがい生き甲斐搾取』

先週末ぐらいから田舎に住んでいるお義父さんが働き始めたと妻から聞きました。


土曜日は第2、4だけ休みの小生らが中学高校時代と同じ半週休2日で、時間も朝8時から17時らしいと聞いてます。ほぼフルタイム❗❗ 70歳の高齢者に何させてんだ!と最初はその会社の経営者に怒りすら感じました。

先月末小生の父母と3人で遠く離れた我が家を訪問した時、腰が痛いと言っていたので少し心配です。


有効求人倍率は上がり、少子高齢化も進み、田舎の地方なら尚更のこと人手不足はわかりますが、この会社の経営者は無能なのか、はたまた『やりがい生き甲斐搾取』か。


うちのお義父さんはパソコンも触れるし、スマホ持っているし、旅も好きだし、色々自分で作るしなかなか多趣味で、年金もあるし、投資資産もあり詳しいし、きつかったり気に入らないならあっさり辞めることもできるから『やりがい生き甲斐搾取』はされないと思うが、この経営者には間違いなくその気はあります。


団塊の世代は猛烈働き世代で、趣味や遊び心を忘れていたり、バブル以後投資は止めた人が多かったりと定年後に空虚になってしまう人が多いとも聞きます。

また現在、年金支給年齢の引き上げ、副業の解禁、労働時間などの働き方改革とやらが進んでいます。


でもですよ、働き方改革、改革なんていつも上からなんですよ。改革されても労働者にとって完璧に都合の良い改革なんてされません。支配層に生殺与奪の権利を与えたままの他人任せの改革で、自分の労働環境が良くなるわけがありませんよね…。


そんならどうするか。お義父さんがヒントをくれました。趣味を持ち、遊びを覚え(過度なギャンブル、女遊びは別)、年金、労働の他に収入源、最低限の蓄えを持つこと。

ブラック企業がのさばり働き方改革が進んでも良くならないのは、我々労働者側に力がないからです…。組合も悪いですが、個人です。個人に力がないから、経営者側に『ここで働くしかないやろ』『他に行っても同じだぞ』とか、家族養うためとか家のローンとかを理由に支配層に足下見られて、力がない故に転職出来ない、辞めれない心理を利用されているからなんですね…。


でも、一人一人が『僕ここじゃなくても働けるんで』てなれば企業側も人材を引き留めるための改革は進むでしょう。


中学はそこそこ勉強したが、高校をサボって進学校なのに大学に行かなかった(行けなかった(笑))小生にはこの資本主義社会の階級を今さら覆し、富裕層に入ることは難しいことでしょう。


でも、趣味に遊びに、副収入に力をつけ、節約し、富裕層にはなれなくても、浮遊層にならなれそうです。

ただし、一歩間違えればただのフリーターや派遣です。逆を言えば、派遣やフリーターは一歩足りない惜しい存在です。


そう、目指すは、フワフワ浮遊層です。暇で刺激と現金欲しく働きたい時に働き、遊びたいとき遊ぶ。それが浮遊層。中流労働階級層は総浮遊層になれば支配層と対等に戦うことが出来るかもしれません❕❕

目指せ❗『日本総浮遊層社会の建設



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 労働問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿