スマホさあれば無収入はあり得ない現代

 様々な情報がネットの世界で飛び交い、普及したスマホ、タブレット、従来のパソコンがあれば、いとも簡単に副収入を得ることができる世の中になりました。

 高度経済成長期のようにベースアップは毎年、残業代もきちっと払ってもらえ、働けば働いた分だけ貰える世の中でない現代。残業以上に仕事はあるが、決められた時間分しか出ず、あとはサービス残業、ベースアップも少ない。バブル期前まで4~8%あった銀行の利率では資産も増えず低所得者層が増えた今日。


 低所得者層は、働けど働けど暮らし豊かにならずと嘆いては、金持ちを妬み、そんな毎日で幸せなんでしょうか?

 嘆く前に資格などを取り一歩階段を上がる自己投資などはしたのでしょうか?

 ネットで、副収入と入力するだけで色々出るのにスマホなどを使ったのでしょうか?

 スマホでゲームばかりしてはいないでしょうか?   パチンコばかりしていないでしょうか?

 電車やバスの中での通勤時間を寝てばかりかスマホでゲームばかりするならその時間で、副収入を稼げるとしたら素晴らしいと考えたことはないでしょうか? 

 
 人間一人の持ち時間は一日24時間。一週間で168時間、ひと月で720時間と決まっている。それはどんな金持ちでも、低所得者層でも。 違うのはその時間の使い方。それが年収の差に直結している。
 
 学生時代、遊んでばかりで、たばこを吸い、悪ぶって、それがかっこいいと思って勉強しなかったブールーカラーの低所得層、かたやその頃から時間を無駄にせず、いい企業、開業などした優等生たち。 大人になってもその時間の使い方は変わらず年収の差は開くばかり。

 学歴や経験の差は埋めることは今更厳しいが、単純に金を稼ぐだけなら副業で稼げばいいだろう。ただし先ほど言った時間には限りがある。肉体労働のWワークで稼ぐのも限界がある。

 自分の時間を切り売りして稼ぐのがプロレタリアートのどうしようもない現実です…。 だけどもしどうせ本業で拘束されている時間の中で稼ぐことが出来ればそれは働く時間内での二重稼ぎとなり効率は上がります。それが通勤時間や休憩時間を使い、ゲームをやる暇があるなら、お薦めなのがアンケートサイトです 

 アンケートサイトと一口に言っても、たくさんのサイトがあり、それぞれに特徴はあります。
 
 何度か以前のブログで細かく説明したと思うので説明しませんが、物は試しにやってみるのもありでしょう。

 
 金がないない、金がない。と嘆く前になんかやる。それが低所得者層脱出の第一歩です!




新規モニター登録
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿