FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元自衛官の再任用について ~海上・航空~

昨年から元自衛官の再任用制度がスタートしたらしい。といっても募集はもう締め切り。元階級による年齢制限あり、海自、空自からの転属採用なし、海自、空自は今年からスタートしたみたいです。

元陸自隊員の再任用制度について


昨年、数人の知り合いから噂に聞いていた、元自衛官の再任用制度が、海上・航空でも始まるようですね。


数人の同期から戻らないの?みたいなメールも受けましたが、戻らないでしょ、普通は。


せっかく得た限りない自由な資本主義社会での生活から、共産社会に誰が入りたいんでしょう…。

現役時代は、アホなバ幹部に振り回され、船頭多く船沈むというのに、言うこと全員ばらばら、責任取らないバ幹部と上級海曹にいいように使われる下級海曹でした。


退職後、何度か呼ばれて同期会などに参加しましたが、年々話は噛み合わなくなり、最近はほぼ絶縁状態に近いものです。そりゃそう、資本主義に生きる人間と世間知らずの競争しらずの共産社会に生きる人間とでは話は合うわけありません。


昨今の求人倍率の改善により、優秀な人材は民間に流れ、資本主義で生きられない人間が自衛隊にながれます。不景気には公務員、好景気には民間に優秀な人材は流れるのは昔から。なかでも自衛隊は最終終着点と言ったところでしょうか…。


ましてや海上自衛隊…。伝統墨守の古くさい組織は小生が現役の頃から不人気の人材不足でした…。現在は船の大型化により、更に人材不足が進んでいることでしょう。

だから、募集項目みると、陸自は他からの転属採用なしなのに対し、海上は陸・空からの転属採用を認めたようですね。


上記リンクのfacebookのコメントには気持ち悪い奴等が大勢います。別れた女と寄りを戻したくてたまらない男達です。


任期で若くして辞めていった連中は、やれ訓練キツいだの、出航嫌だの、給料安いだのと騒ぎ、隣の芝生の青さに勘違いし民間に飛びだしてみたら、民間のほうがきつくて、自衛隊のキツかった嫌だった所はすっかり忘れて、戻りたいなどと未練たらたら、恥ずかしい人達です。


この制度で戻る人間はおそらくろくな人間はいません。戻るやつは自衛隊で使えず辞めて、社会でも使えず戻るやつばかりでしょう。



この制度で、例えば40歳3曹で元のマーク(特技)に戻って、どうなりますか? 同期は早ければ曹長、1曹で各部署の員長をやってるはずです。階級序列は一番下スタート、定年まであと14年。民間での経験、経歴は何も加味されず、号棒も辞めた時点からの引き継ぎとあっては何もいいことがありません。


人材、人員不足を補うための場当たり的制度で戻してやるよなんて足元見られて戻った日には超負け組です。


自衛隊組織、海上自衛隊はやはり世間知らずですね。

今は売り手市場の世の中に、優秀な人材は、そんな上から目線の制度では誰も入らないということ。優秀な人材を得たければ頭を垂れることです。ま、いまだに防大出なけりゃ、トップに立てない制度で、自分より優秀な大学出には嫉妬で人事をきつくするような狭量な連中には無理なことでしょう。


最近、中国の台頭もあり、ホントに不安になります…。海上自衛隊に守られていることが…。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

因果応報と、自業自得

​​​​​​​ いつぞや、職場での同僚の話を聞いていましたが、自業自得、自分の行った業(ごう)は自分で得ることを話を聞いていると実感することが出来ましたが、話している自業自得した人々は当然原因は自分にあるとは気づいていないようで…。 

 因果応報​​自業自得​。似た言葉でありますが、因果応報はもともとマイナスの意味ではなく、自分のした善行は善で返ってくるし、悪行は悪で返ってくると諭し道を示す仏教用語です。
 かたや自業自得は、業(ごう)の字は、どちらかといえば悪行を指します。自分の悪業は自分で得るのが自業自得です。
 
 話の内容は聞くに堪えなかったので途中退席しましたが、まあ、その人たちが大学を卒業しながら中卒がいるようなブルーカラーで働かざるを得ない現在のポジションにいることが納得できました。
 
 では自分は…。そう同じなんです…。その彼らと…。数年前までは。

 海上自衛隊時代はあいつは仕事しない、あの上司は使えないと文句を言い、階級が1つ、飯一回でも多く食ったほうが先輩と言われた海自の艦船勤務では、船頭多く…なんちゃらで、頭にくることも多くよく上司や先輩に咬みついていました。
 そんな行いの数々が、今の自分に返ってきてて、現在に至り、上記の連中と同じ位置まで落とされたわけです。

 これからは、少し自分を見直し、社会の階層を見直し、人付き合いを見直し、善行が返ってくるようにしないとだめですね。 因果応報、自業自得、引き寄せの法則…。ほんと気をつけましょう。

 ​​​​​​​​​​​​

価値観の違いは、資本主義の階層差です

資本主義社会は、見えないだけで階級社会です。


学歴、学閥、年収、職業など様々な要因で、階級差がつきます。


よく貧富の差が広がったといわれますが、貧富の差はすなわち階級差が開いただけです。


昔の高度経済成長期であれば単純に年収では階級差はあまりできませんでした(階層差は隠れていただけ)。なぜなら、不動産バブルで、建築・土建業、運送などのガテン系は働けば働くほど貰えていたので、ホワイトカラーの収入を凌ぐものもありました。


だが、高度経済成長期はおわり、不動産バブルははじけ、男女雇用機会均等法、歪んだ働き方改革など様々な要因で、肉体労働系は稼げなくなりました。

不幸なことに、経済成長期のガテン系、ヤンキー親世代たちは、自分達が稼げていたため、肉体労働すればなんとかなると子供の教育を怠り、その子供世代は今、低層階級に沈んで、格差が広がっているわけです。


しかも、その階層差を理解できない者も多く、我が職場もそういう人間が多くいます。そして上層階の人間を、なぜか自分より下に見て、毎日毎日、出口のない呪いの陰口を叩いています。


そりゃ出口は見つかりません。出口はまず自分の階層の位置がわかってないと見つかりません。職場にも、あの人この人はあーだこーだ、でも自分は出来てる、自分は悪くない、自分は…(低層階には住んでません)と認めたくないのでしょう…。


そんな連中とは永久にわかり合うこともなく、毎日毎日一緒にいるのはこの上ない苦痛です。でもそんな連中がいるから、自分の階層を確認でき、上を向いて歩くことが出来ます。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

久しぶりに打ちひしがれる

 今日、不動産屋にての商談のなかで、件の投資用マンションは2軒ありました。しかしその2軒はまさかの、同じオーナーでした。
 
 なんでそのオーナーは手放すのかと尋ねたところ、もっと大きな物件を買うためらしいです。マンション2軒売り、今住んでるとこを再び賃貸にし、大きな物件を買う足しにする。年齢を尋ねると50代だそうです。で、会社員だそう。

 正直、これには敗北感にさいなまれました。格差社会だと、マスコミは騒ぎ立てますが、一体どれほどの人間が実際に格差社会を認識できるんでしょうか…。ほとんどの人間がその差を認識するのが嫌で最初から試合を放棄しています。
 
  ほんの少し淡い期待を抱いていましたが、差は歴然…。

 庶民が一段上がるためには相当な努力が必要です。それでも無為に過ぎ去ってしまった時は戻せません。投資をし始めたのは32歳から。日々運用額も増えていますが、一つ上に上がるためには、歳を重ねれば重ねるほど、リスクは大きくなります。 

 若い時の苦労は背負ってでもしろというのがわかります。

 でも、だからこそ諦めてはいけないんです、と自分に言い聞かせて、すかさずFXを開くのでした。

一番の搾取は…

 PRESIDENTやダイヤモンド、東洋経済のONLINE記事ををたまに見るのですが、その中で東洋経済が「貧困強制社会を生きる」という特集記事があります。
 
 こうはなりたくないと読んでいるのですが、ツッコミどころ満載で、でもこうはならないよう気をつけようと思うところもありついつい読んでしまいます。
 
 30代女性図書館司書、59歳派遣社員男性などの記事など色々な年齢層、性別の方が記事になりますが、家庭事情や健康事情などの様々な外的要因で貧困になっていった過程もわからなくもないですが、共通点は、だいたいがその外的要因だけのせいにしています。健康を害した、家族が…でもその派遣会社や図書館司書を選んだのは自分の選択だったはずです。それを棚上げして、記者に頼り、他人の同情を買い、自分で戦わずユニオンなどの危険な労働組合団体を頼る…。
  
 他人を頼る、外的要因のせいにする。それ全て自分の責任放棄、思考能力の欠如に他なりません。 

 派遣でサービス残業が多い、逆に嫌がらせでシフトを減らされる、でも人間には時間は24時間あり、そのすべてが働いているわけではないはずです。絶対隙間時間はあります。休憩、通勤時、休日…。
 
 その時間に、このネット時代、様々な情報が飛び交い、取捨選択し自分で稼ぐ方法、より良い職場を探す努力はしたのか、そこまでは書かれていませんが、記事に書かれているような無気力状態がほんとならおそらくその行動はないでしょう。マイナスに入った時の人間は大概が人のせいにします。 

 企業や権力機構、各種団体(市民の味方を標榜する市民団体や労組なども含む)の最大の詐取は労働力の搾取ではなく、個人から思考能力を奪うことではないでしょうか。

 思考能力を奪えば、あとは生殺与奪は自由です。労働力を安くこき使おうが、クビにしようが、デモの参加者にしようが思いのままです。

 どんなに疲れても、追い込まれても考えることを止めてはいけませんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。