一番の搾取は…

 PRESIDENTやダイヤモンド、東洋経済のONLINE記事ををたまに見るのですが、その中で東洋経済が「貧困強制社会を生きる」という特集記事があります。
 
 こうはなりたくないと読んでいるのですが、ツッコミどころ満載で、でもこうはならないよう気をつけようと思うところもありついつい読んでしまいます。
 
 30代女性図書館司書、59歳派遣社員男性などの記事など色々な年齢層、性別の方が記事になりますが、家庭事情や健康事情などの様々な外的要因で貧困になっていった過程もわからなくもないですが、共通点は、だいたいがその外的要因だけのせいにしています。健康を害した、家族が…でもその派遣会社や図書館司書を選んだのは自分の選択だったはずです。それを棚上げして、記者に頼り、他人の同情を買い、自分で戦わずユニオンなどの危険な労働組合団体を頼る…。
  
 他人を頼る、外的要因のせいにする。それ全て自分の責任放棄、思考能力の欠如に他なりません。 

 派遣でサービス残業が多い、逆に嫌がらせでシフトを減らされる、でも人間には時間は24時間あり、そのすべてが働いているわけではないはずです。絶対隙間時間はあります。休憩、通勤時、休日…。
 
 その時間に、このネット時代、様々な情報が飛び交い、取捨選択し自分で稼ぐ方法、より良い職場を探す努力はしたのか、そこまでは書かれていませんが、記事に書かれているような無気力状態がほんとならおそらくその行動はないでしょう。マイナスに入った時の人間は大概が人のせいにします。 

 企業や権力機構、各種団体(市民の味方を標榜する市民団体や労組なども含む)の最大の詐取は労働力の搾取ではなく、個人から思考能力を奪うことではないでしょうか。

 思考能力を奪えば、あとは生殺与奪は自由です。労働力を安くこき使おうが、クビにしようが、デモの参加者にしようが思いのままです。

 どんなに疲れても、追い込まれても考えることを止めてはいけませんね。
スポンサーサイト

早期リタイアの理解者は…

 職場で、53歳で早期リタイヤが出ました。理由は親の介護らしいです。
 
 そのことで職場で同僚といろいろ話しました。

 何歳まで仕事するか? 65歳迄延長するか? 年金は? それまでの貯金は?
 
 一応話を合わせましたが、どれだけ話しても小生には理解できません。そうなんで辞めたいと思わないのか。何時でもやめようと思ってないこと。仕事するのが当たり前、仕方ないと思っていること。

 小生は言いました。45歳で辞める、もしくは可能な限り早くやめると。すると同僚は無理でしょと一言…。  

 「諦めたらそこで試合終了だよ」 

 なかなか人の洗脳というものは解けませんね。解けないほうが幸なんでしょうけどね。

 

クラウドワークス

 先月末に楽天で新しくノートPCを購入して、クラウドワークスで本格的に副業を開始しました。

 色々調べて、クラウドワークスとランサーズの2大クラウドソーシングで無料登録を済ませたのですが、その前に色々調べてみました。
 
 クラウドワークスで月100万円を稼いでるのはほんの100人ほどで、搾取されているとの批判的なブログ記事を見つけました。 

 で、キンコンの西野が、逆にクラウドワークスを擁護していて…。 
 
 西野の言うことがほぼ的を得ていて、その批判的なブログの方のコメント欄はほぼ西野寄りのコメントで…。おまけにクラウドワークスは稼げないとか搾取とか書いてるくせに、クラウドワークスのアフィリエイトを貼ってまして…。
 
  もう何がなにやら…。

 そもそも副業なんです。副業で本業よりもたくさん稼ごう、稼げると思っているのが間違いで、今まで会社や工場に行き労働する以外に金にすることが出来なかったちょっとした時間を、稼げるようになったわけです。 それをどう利用するか、いやそもそも労働だけで搾取されるか決めるのは自分自身であって、他人がどうこう変えれませんしね。

  結局、稼げないとやんややんや言う連中は、ただただ、働くのが嫌で何もせず、そうほんとに何もせずに暮らしたいだけの人々なんです。でもその割に意外と職場では仕事が嫌なくせに無駄に残業してせこく稼いで、定時で帰る人々を仕事もしないで帰りやがってみたいな目で見てるんですよね。 そう変な人たちです。 

 決して関わってはいけないですね!資本主義階級社会の下の階層に引っ張られるだけですからね!

テーマ : SOHO・在宅ワーク - ジャンル : ビジネス

新たなる副収入の開始

 またまたかなり間が空いての更新となりました。その間に11月から始めた新たな副業にチャレンジら、検証してました。それはクラウドワークスです。


ネット上で様々な仕事を請け負い、稼ぐことのできるものです。簡単なアンケートから週刊誌の記事並みの文書作成、web作成、昔ながらの内職的なものまで様々です。


よくネットビジネス、ネット副業は稼げないと言われますが、そういう人達はいくらから稼げるとの認識になるのでしょうか。たぶんほんの一握りの1%以下しかいない月収100万を超える夢でも見てるのでしょうか…。


副業はあくまでも副業。サブ、副収入、足りない本収入の補完でしかありません。なので、ネット副業にコツコツと取り組んでいる方は理解してるはずです。理解できてないのは本業も嫌々、副業のコツコツも嫌な人達でしょう。

小生も本業で労働力を搾取されるのは嫌ですが、自分でなにもしないのも嫌なので、ネットで副業をコツコツやってます。


現金の収入源はいくつあっても困るものではないですから。


本収入は生活費や生活防衛費の貯蓄に、ほんのあまる分を投資に。でもそれだけじゃ足りないのでネット副業のコツコツ分も運用に。運用に回した分は毎月分配のリートETF、積み立てFXで更に殖やしてみる。

塵も積もればなんとやら。目標は今年、来年で6年組んだ車のローンの早期完済です!!


在宅・副業でも仕事ができる【クラウドワークス】を一緒に使ってみませんか?招待コード「004762540525」を入れてアプリから登録、お仕事をすると、1,000円プレゼントがもらえるよ!
https://crowdworks.jp/fr_code/004762540525

 

テーマ : SOHO・在宅ワーク - ジャンル : 就職・お仕事

資本主義の上層階と底辺階では解り合うことは永遠にない

今日、社会の底辺層のDQNな輩を相手に少しイラッときました。相手は社に出入りしている下請けの業者の若造でした。出入りしている業者さんの大半はそれなりに礼儀などもわきまえていますが、やはり建築、土建関係の親方以外の若造たちはやはりDQNな輩であります。


よく、なんで政治家や会社の社長たちは下の人間の気持ちが分からんのやと中流以下なんかは思います。

でも、よくよく考えたら解りあえるわけがありません。政治家や資本家など、資本主義の上層階にいる人間達は若い頃から努力してそこの地位を築いた訳です。かたやDQNな輩達は若い頃から遊び呆け、社会に出てわ、やれ給料が安い、税金が高いと文句をいい、上層階の足を引っ張ります。


常に上を目指して努力を重ね、政治家や資本家になってもまだまだ国や会社の成長のために今より更に一段上の理想を見てる知識層と下ばかり見て、上層階の人の足を引っ張るしか能のない、底辺層の人間達では所詮、水と油、交わるわけありませんし、交わるとろくなことがないと上層階の連中はわかっているからです。


小生はかろうじて中流層にいますが、今日のように底辺層のDQNと関わるとろくなことがないとわかりました。

ということからも、知識層からみれば、低知識な輩からは労働力、税金などを絞り取ろうと上層階の人間が考えるのも致し方ありません。


自分も中流層の労働者階級所属ですが、労働以外で、自分の力では何も努力もせず、ただ上層階からの社会の再分配に期待してるような輩からは労働力や税金などを絞りとることに賛成致します。資本主義社会では上に上がって良い思いをするのは当たり前、馬鹿は搾取される、それが当然だと思います。だから上に上がろうと頑張る所もあります。
あなたへのオススメ